【貯蓄はいくらで安心?】FIRE後に必要な費用を計算する

FIRE挑戦

なるべく早くFIREしたい!でも、貧乏生活も嫌だ!わがままな私が50歳で安心&理想なFIREに必要な費用を計算しました。まずは理想の暮らしの費用を計算し、その金額を貯蓄するのが無理なら、現実的な額を考えていきます。



まずは老後2000万円問題を正しく理解する

どのような考えで2000万円になったかが重要ですよね。

 図:総務省家計調査(2017年) ※画像:ちばぎんブログ「本当に足りない?老後2000万円問題の真相と今からできる資産形成」


これを見るとかなり不安になります・・・。

  • 住居費が約1.5万円しかない…。持ち家だとしても毎月の1.5万円で家の修繕費、共益費、固定資産税を払えるのか?
  • 自分のお葬式の費用、冠婚葬祭の参加費は2000万円にはいっているのか?
  • 介護状態になった場合でも、これで大丈夫なのか?

ちなみに、総務省の老後2000万円は下記の計算をしているようです。

  • 夫婦2人だと月に約26.5万円の生活費が必要(全国の平均値)
  • 年金等で毎月21万円の収入がある(つまり、毎月5.5万円の赤字)
  • 夫65歳、妻60歳から無職になる
  • 夫95歳、妻90歳まで生きる

<計算式>
毎月の赤字額5.5万円 × 1年12か月 × 30年間生きる = 約2000万円

なるほど・・・。
私は持ち家を買う予定はないので、2000万円では足りないようです(笑)。

贅沢FIREに必要な費用は?

さて、私は50歳での贅沢FIREを夢みています。
その場合の費用を計算してみましょう。

表:FIRE後の毎月の支出
支出 金額 補足
家賃 10万円 東京は郊外でも高め・・・。もっと遠方に引っ越す選択肢もある。
食費 8万円 簡単な日用品を含む(トイレットペーパ等)
光熱費 2万円
通信費 8千円 スマホ2台、自宅WiFi
NKH受信料 1200円
美容院 1.2万円
化粧品 1万円
外食 2万円
その他費用 8万円 娯楽、交友、突発支出
合計: 33万1200円

これは夫婦2名分で計算しています。
毎月の支出は約33万円になりました。

「美容院」の1.2万円はちょっと贅沢かもしれません。

「その他費用」は少し多めにしました。
理由は、「現段階では検討できていない突発的な支出もたくさんある」と考えたからです。

総務省は「毎月25万円必要」と言っていました。
私の計算はそれに家賃のプラス8万円が足されて、33万円になった感じです。

意外と総務省の計算も正しいですね。

リアルに考えると、さらにお金は必要です。
次は、毎年発生する費用を考えてみます。

表:FIRE後の毎年の支出
支出 金額 補足
旅行 70万円
衣服 20万円
書籍 3万円
電化製品 14万円 家電、スマホ、PC等
医療費 10万円
冠婚葬祭 3万円
合計: 120万円

贅沢な計算をしていますが、目標を下げるのは簡単なので、まずはこれでよいと思っています。

人生は何があるか分からないので、せめて最初くらいは余裕のある計画で考えたいですね。

続いて、人生最後の費用を考えます。

表:人生最後の費用
支出 金額 補足
葬式 100万円 もちろん2人分
お墓 150万円 マンション型納骨堂の想定。初期費用50万円、年間2万円の維持費で50年間。
最先端医療費 300万円 保険のきかない最先端医療の費用
合計: 550万円

これですべての費用計算が終わりました。
さて、50歳FIREに必要な総額を考えてみましょう。

計算の条件は、

  • 50歳でFIREする
  • 夫婦2名で計算
  • 夫婦2名とも100歳まで生きる
  • 年金は毎月20万円
  • 60歳から年金をもらう
  • 物価は変わらない ※ここは後から見直しが必要かも
  • 資産は年利2.7%を使える ※例:資産が100万円ある場合は、税引き後で2.7万円を使える想定

さて、この条件で計算をすると

50歳で約1億円

あればよいみたいです。
計算式は複雑なのでエクセルを載せておきますね。
» エクセルでの計算結果



とりあえず資産1億円を目指すことに

今回の計算は物価の上昇を無視しました。
また、年金を毎月20万円もらう甘い想定です。

ですが、80歳以降は毎年旅行に行かないと思いますし(今は毎年70万円を旅行に積んでいる)、資産が税引きで年利2.7%増加するという想定は、比較的堅実な計算です。

全体をみれば、それなりに正しく計算できていると思いますので、「1億円あれば安心してFIRE可能」なのは正しいと思います。

次は、資産1億円の実現性ですよね・・・。
果たして実現可能な目標なのか、無理ならいくらまで目標値を引き下げるのかを考えていきます。